KPOPウェブマガジンLVKM

パンPDことパン・シヒョクa.k.a.”hitman”bang

1 min 125 views

パンPDことパン・シヒョクa.k.a.”hitman”bang

“Hitman”Bang
本名:Bang Si-hyuk / 방시혁 / 房時爀
デュランデュランの大ファン

”hitman”bangことパン・シヒョクは、Big Hit Entertainmentの創設者兼共同CEO、作曲家、編曲家、プロデューサー。
パンPDとも呼ばれています。
作曲家、編曲家、プロデューサーのクレジットは”hitman”bang。
BTSが所属するBig Hit Entertainmentの創設者ということでBTSの生みの親とも言われています。
サバイバルオーディション番組I-LANDにも自ら出演してENHYPENのプロデュースもしています。

Big Hit Entertainment設立以前は、日本でもNizi Projectで有名になったJYPエンターテイメントのパク・ジニョン(餅ゴリ)と作詞作曲のデュオとして一緒に活動していました。パク・ジニョンが、JYPエンターテインメントを設立したとき、パン・シヒョクは作曲家、編曲家、プロデューサーとしてJYPエンターテインメントに加わりました。
JYPエンターテインメントでは、Rain(ピ)『悪い男』、GOD『空色の風船』、パク・チユンの『私は恋に落ちている』などのヒット曲を手掛けてきました。
2005年『洗濯事件』後にJYPエンターテイメントから独立してBig Hit Entertainmentを設立。

2017年に大統領賞を受賞したパン・シヒョクは、「2番目と3番目のBTSが生まれなければならないと確信している」と語りました。BTSと同じように成功する、新しい形のアーティストを作りたいと思っています。
YouTube、SNS,デジタルコンテンツ、そしてファンダムを活用してBTSなどのスーパーアイドルをパン・シヒョクは、プロデュースしてきました。
ENHYPENは、2番目と3番目のBTSになるのか、それとも新しい時代にマッチする新しい形のグループになるのか楽しみです。

パン・シヒョクが1999年から時系列で制作した曲のコレクション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です